昔ながらの知恵で暮らしを楽しむ

今年も猛暑が予想されています。エアコンだけではなく、昔ながらの知恵をちょっと暮らしにとりいれて、夏の暮らしを楽しんでみませんか。

音を楽しむ

日本の夏の風物詩のひとつが風鈴です。室町時代の頃より人々は風鈴の音に涼を感じ、猛暑を楽しみながら乗り切ってきました。
その記憶が受け継がれて、日本人は風鈴の音に涼しさを感じるのかもしれません。

現代では、金属や陶器、木炭やガラスなどいろいろな材質、デザインが各地で生まれ、楽しまれています。
お気に入りの音色、デザインで涼しさを運ぶ風を感じてみてはいかがでしょうか。
浴衣とうちわと風鈴で涼を満喫するのもおしゃれかもしれません。

シェアする