昔ながらの知恵で暮らしを楽しむ

今年の夏は猛暑が長く続くと予想されています。昔ながらの知恵をちょっと暮らしにとりいれて、夏の暮らしと風情を楽しんでみませんか。

打ち水で涼気を得る。

古くから伝わる日本の風習のひとつに、「打ち水」があります。夏場に地面に水をまくことで、地面の熱を大気中に逃がして涼気を得る、昔ながらの知恵です。
人が出入りする玄関や建物の周囲、ベランダに水をまくと、その効果を体感できます。

水をまく理想の時間帯は、日光がおだやかな早朝と夕方。早朝に打ち水をすると、その後の気温上昇をゆるやかに、また、日没前後の夕方に打ち水をすると、気温の下降をはやめることができます。
雨水やお風呂の残り湯などを打ち水に再利用して、電気に頼らない涼気を得てみてはいかがでしょうか。昔ながらの桶やひ杓を使って、風情を楽しむのもおすすめです。

シェアする