秋の七草

「秋の野に 咲きたる花を指(および)折り かき数ふれば 七種(ななくさ)の花
萩の花 尾花葛花 撫子の花 女郎花(おみなえし) また藤袴 朝貌(あさがお)の花」
万葉集で山上憶良が秋の七草を詠んだ歌です。

「七草」には、古くから万病をのぞくとして正月七日に食べられる「春の七草」のほかに、「秋の七草」があるのをご存知でしょうか。

秋が深まるにつれ花開いていく七種の草花。
はぎ、すすき、くず、なでしこ、おみなえし、ふじばかま、あさがお。
これらを「秋の七草」といいます。

このあさがおは、今のあさがおという説のほか、むくげ、ききょう、ひるがおという説があります。

万葉集でもっとも歌われる花の「萩」は、秋の字が用いられるほど秋の花としてなじみ深いもの。
「食」として楽しむ春の七草に対して、秋の七草は「見る」ことを楽しむものといえそうです。

万葉集のなかに詠まれている植物を集めて植栽した万葉植物園が、千葉県市川市や袖ヶ浦市、東京都国分寺市、静岡県御殿場市などにあります。
歌人が愛した風情ある秋の七草を見に、この秋、足をはこんでみてはいかがでしょうか。

シェアする