中秋の名月

2018年の秋の夜空、9月24日には中秋の名月が、9月25日には満月が見られます。

「中秋の名月」とは、陰暦8月15日の夜、十五夜に見える月のこと。
このうつくしい月をながめ楽しむことを、お月見といいます。

人々は古くから、十五夜に団子やえだまめ、栗などを供え、秋の草花を飾ってお月見をしてきました。
ちょうど里芋の収穫時期にあたることから、十五夜の月を芋名月とよび、豊作への感謝をこめて芋をお供えするならわしもあります。

人々にとって月が身近で、愛でたい存在としてあったことは、満月の前後のさまざまな呼び名から感じとることができます。
十三夜、小望月(こもちづき)、十五夜、十六夜(いざよい)、立待月(たちまちづき)、居待月(いまちづき)、寝待月(ねまちづき)、更待月(ふけまちづき)。
陰暦13日から陰暦20日までの、一夜一夜の月につけられた名です。

加えて、十五夜の名月が雲に隠れて見えないことを無月(むげつ)、雨のために見えないことを雨月(うげつ)とよびます。

曇りや雨の予報が続くこの頃ですが、中秋の名月の前後はうつくしい月が見られます。この一週間、晴れた日には夜空を見あげて月のうつくしさを感じながら、秋の長夜を過ごしてみてはいかがでしょうか。

シェアする